2018年03月28日

茎ノ峯峠 序の2

日蔭地区にやって来ましたら光明海上人の入底屈がありました。即身仏は麓のお寺にあるそうですが・・・。。

さて、こっからまたまた登りで・・・






着いたところが頭殿山との分岐。ここにも石碑があり道標識でした、右湯殿山左朝日ゆみちと刻まれてました。
頭殿山経由で朝日鉱泉に行く登山道が現在もあるので古道もその道だったのでしょうか?  


Posted by 心渡 at 09:22Comments(0)